山形大学医学部 腎泌尿器外科学講座
Department of Urology,
Yamagata University Faculty of Medicine

研究実績 research

著書

1) 土谷順彦:【新腎・泌尿器癌(下)-基礎・臨床研究の進歩-】 膀胱癌 膀胱癌の治療 化学療法 転移性膀胱癌に対する化学療法 その他の多剤併用化学療法.東京;日本臨牀社,2017:75:289-293

2) 土谷順彦:水腎症.今日の治療指針 2018年版.東京;医学書院,2018:1157-1158

3) 土谷順彦:ホルモン療法の副作用とその対策は?.鈴木啓悦,Q&Aでスッキリわかる前立腺癌.東京;日本臨牀社,2017:289-293

4) 加藤智幸,内藤整,土谷順彦:【新腎・泌尿器癌(上)-基礎・臨床研究の進歩-】 腎癌 臨床応用を目指した基礎研究 バイオマーカーの開発 転移性腎癌のバイオマーカー.東京;日本臨牀社,2017:75:119-124

5) 内藤整,加藤智幸,土谷順彦:【新腎・泌尿器癌(上)-基礎・臨床研究の進歩-】 腎癌 腎癌の予後因子 転移性腎癌の予後因子.東京;日本臨牀社,2017:75:90-95

6) 加藤智幸:4.全身治療.腎癌診療ガイドライン2017年版.大阪;メディカルレビュー社,2017:85-92

7) 内藤整:2.診断.腎癌診療ガイドライン2017年版.大阪;メディカルレビュー社,2017:18-36

8) 内藤整:Ⅲ.腎癌治療up to date 1.分子標的薬の新たな展開.1) ソラフェニブ.Year Book of RCC 2017.大阪;メディカルレビュー社,2017;71-80

総説

1) Makhov P,Naito S,Kolenko VM:Testing PARP inhibitors using a murine xenograft
model.Methods Mol Biol.2017;1608:313-320

2) 土谷順彦:ナースに、ドクターに、勉強会で教えたくなる泌尿器診療Current Knowledge スライドがWEBで見られる!(第8回)がんに対する免疫制御ポイント阻害薬(解説).泌尿器Care
& Cure Uro-Lo.2017; 22(2):237-242

3) 土谷順彦:綜説 腎細胞癌における分子標的薬の薬物動態学、薬力学、ゲノム薬理学.臨床泌尿器科.2017; 71(5):291-297

4) 加藤智幸:【まるごと泌尿器がんの化学療法・分子標的療法・免疫療法】腎がん 有転移腎がんに対するケアとチーム医療.泌尿器Care & Cure Uro-Lo.2017;22(5):576-580

5) 加藤智幸:腎癌に対する薬物療法 最新エビデンスを実臨床に活かす 非淡明細胞癌に対する薬物療法 ―ベストプラクティスは何か―.臨床泌尿器科.2018;72(1):58-62

6) 菅野秀典,土谷順彦:専門医のための泌尿器科基本手術 開腹膀胱全摘除術:男性患者の場合.臨床泌尿器科.2017;71(9):720-724

原著

1) Numakura K,Tsuchiya N,Kagaya H,Takahashi M,Tsuruta H,Inoue T,Narita S,Huang M,Satoh S,Niioka T,Miura M,Habuchi T:Clinical effects of single nucleotide polymorphisms on drug-related genes in Japanese metastatic renal cell carcinoma patients treated with sunitinib. Anticancer Drugs.2017;28(1):97-103 E

2) Ito R,Narita S,Huang M,Nara T,Numakura K,Takayama K,Tsuruta H,Maeno A,Saito M,Inoue T,Tsuchiya N,Satoh S,Habuchi T:The impact of obesity and adiponectin signaling in patients with renal cell carcinoma:A potential mechanism for the “obesity paradox”.PLoS One. 2017;12(2):e0171615

3) Ichiyanagi O,Fukuhara H,Naito S,Nishida H,Sakurai T,Kurokawa M,Ito H,Kakizaki H,Muto A,Adachi Y,Kato T,Nagaoka A,Tsuchiya N:Rise in ambient temperature predisposes aging,male Japanese patients to renal colic episodes due to upper urolithiasis. Scand. J. Urol. 2017; 51(2) : 152-158

1) Takayama K,Inoue T,Narita S,Maita S,Huang M,Numakura K,Tsuruta H,Saito M,Maeno A,Satoh S,Tsuchiya N,Habuchi T:Inhibition of the RANK/RANKL signaling with osteoprotegerin prevents castration-induced acceleration of bone metastasis in castration-insensitive prostate cancer.Cancer Letters.2017;397:103-110

2) Takahashi M,Inoue T,Huang M,Numakura K,Tsuruta H,Saito M,Maeno A,Nakamura E,Narita S,Tsuchiya N,Habuchi T:Inverse relationship between insulin receptor expression and progression in renal cell carcinoma.Oncol Reports.2017;37(5):2929-2941

3) Nishida H,Yamagishi A,Yagi M,Kanno H,Kurota Y,Sakurai T,Naito S,Shibasaki T,Kawazoe H,Ichiyanagi O,Kato T,Nagaoka A,Tomita Y,Tsuchiya N:Renoprotective Procedures with a Cold Ischemia Time of <60 min Minimize the Deterioration of Kidney Function in Open Nephron-Sparing Surgery for Renal Cell Carcinoma.Urologia Internationalis.2017;99(3):283-289

4) Narita T,Hatakeyama S,Yoneyama T,Narita S,Yamashita S,Mitsuzuka K,Sakurai T,Kawamura S,Tochigi T,Takahashi I,Nakaji S,Tobisawa Y,Yamamoto H,Koie T,Tsuchiya N,Habuchi T,Arai Y,Ohyama C:Clinical implications of serum N-glycan profiling as a diagnostic and prognostic biomarker in germ-cell tumors.Cancer Medicine.2017;6(4):739-748

5) Narita S,Kumazawa T,Tsuchiya N,Mingguo H,Saito M,Inoue T,Tsuruta H,Numakura K,Maeno A,Nanjo H,Satoh S,Habuchi T:Host-related Risk Factors for Adherent Perinephric Fat in Healthy Individuals Undergoing Laparoscopic Living-donor Nephrectomy.Surgical Laparoscopy Endoscopy & Percutaneous Techniques.2017;27(4):e69-e73

6) Matsumoto T,Hatakeyama S,Ookubo T,Mitsuzuka K,Narita S,Inoue T,Yamashita S,Narita T,Koie T,Kawamura S,Tochigi T,Tsuchiya N,Habuchi T,Arai Y,Ohyama C:Cost-effectiveness comparison between neoadjuvant chemohormonal therapy and extended pelvic lymph node dissection in high-risk prostate cancer patients treated with radical prostatectomy:a multi-institutional analysis.Medical Oncology.2017;34(12):190

7) Inoue T,Saito M,Narita S,Numakura K,Tsuruta H,Maeno A,Tsuchiya N,Satoh S,Habuchi T:Evaluation of Persistent Lymphatic Fluid Leakage Using a Strategy of Placing a Drain After Kidney Transplantation:A Statistical Analysis to Assess Its Origin.Transplantation Proceedings.2017;49(8):1786-1790

8) Naito S,Makhov P,Astsaturov I,Golovine K,Tulin A,Kutikov A,Uzzo RG,Kolenko VM:LDL cholesterol counteract the antitumour effect of tyrosine kinase inhibitors against renal cell carcinoma.Br J Cancer.2017;116(9):1203-1207

9) Fukuhara H,Ichiyanagi O,Kakizaki H,Tsuchiya N:Prognostic utility of seasonal changes for diagnosis of ureteral stones.Urolithiasis.2017;45(2):233-234

10) Fukuhara H,Ichiyanagi O,Midorikawa S,Kakizaki H,Kaneko H,Tsuchiya N:Internal validation of a scoring system to evaluate the probability of ureteral stones:The CHOKAI score.Am J Emerg Med.2017;35(12):1859-1866

11) Igarashi R, Inoue T, Fujiyama N, Tsuchiya N, Numakura K, Kagaya H, Saito M, Narita S, Satoh S, Niioka T, Miura M, Habuchi T:Contribution of UGT1A1 genetic polymorphisms related to axitinib pharmacokinetics to safety and efficacy in patients with renal cell carcinoma. Med Oncol.2018;35:51

12) 福原宏樹,柿崎弘,金子尚嗣,山辺拓也,中山尚子,堀江繁光,土谷順彦:経尿道的膀胱腫瘍切除術における周術期抗血栓薬継続の安全性に関する検討. 日本泌尿器科学会雑誌. 2017;108(1):17-23

13) 成田伸太郎,土谷順彦,羽渕友則:前立腺癌バイオマーカーのパラダイムシフト 遺伝子多型を用いた進行前立腺癌の予後・治療反応予測.泌尿器外科.2017;30(臨増):675-677

13) 西田隼人,山岸敦史,菅野秀典,黒田悠太,八木真由,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,土谷順彦:透析導入前に紹介となるも先行的腎移植に至らなかった症例の検討.日本臨床腎移植学会雑誌.2017;5:191-195

国際学会

特別講演・招待講演

1) Tsuchiya N:JUA Clinical Practice Guideline for Prostate Cancer 2016
~Revised Points in Medical Treatments~.EAUOG 2017,Seoul;April 2017

一般演題

1) Kato T,Takeda Y,Kurota Y,Nara H,Araki A,Asao H,Tsuchiya N:Pattern of glycosylphosphatidylinositol-anchored 80 kD protein (GPI-80) expression in peripheral blood as a marker for myeloid-derived suppressor cells (MDSCs) in metastatic renal cell cancer (mRCC) patients. ASCOGU 2017,Orlando,February 2017

2) Tomita Y,Naito S,Sassa N,Takahashi A,Kondo T,Koie T,Obara W,Kobayashi
Y,Teishima J,Takahashi M,Matsuyama H,Ueda T,Yamaguchi K,Kishida T,Shiroki
R,Saika T,Nobuo S,Oya M,Kanayama H:Sunitinib versus sorafenib as first-line
therapy followed by sorafenib and sunitinib for patients with metastatic
renal cell carcinoma (RCC) with clear cell histology:A multicenter randomized
trial,CROSS-J-RCC.Genitourinary Cancers Symposium.Florida,February 2017

3) Fujita S,Naito S,Ichiyanagi O,Kanno H,Yamagishi A,Yagi M,Kurota Y,Sakurai T,Nishida H,Shibasaki T,Kawazoe H,Kato T,Nagaoka A,Tsuchiya N:Quick SOFA score might be inadequate as an initial sepsis screening system in UTI patients.32nd Annual EAU Congress,London;March 2017

4) Naito S,Ichiyanagi O,Ito H,Kanno H,Kato T,Kurota Y,Yamagishi A,Yagi M,Sakurai T,Nishida H,Kawazoe H,Shibasaki T,Nagaoka A,Tsuchiya N:The potential of p4EBP1 expression as predictive biomarker of mRCC.AACR annual meeting 2017,Washington D.C.;April 2017

5) Kanno H,Naito S,Ito H,Ichiyanagi O,Kurota Y,Yagi M,Yamagishi A,Sakurai T,Nishida H,Shibasaki T,Kawazoe H,Kato T,Nagaoka A,Tsuchiya N:The Effects of ERK5 Inhibition in Clear Cell Renal Cell Carcinoma.AACR 2017 annual meeting,Washington,D.C.;April 2017

6) Ito H,Naito S,Ichiyanagi O,Kanno H,Kurota Y,Yamagishi A,Bilim VN,Tomita Y,Kato T,Nagaoka A,Tsuchiya N:Acquisition of chemoresistance to mTORC1 inhibition due to activation of the GSK-3β/4EBP1 pathway might predict poor prognosis of mRCC patients.AACR annual meeting 2017,Washington D.C.;April 2017

7) Igarashi R,Tsuchiya N,Inoue T,Fujiyama N,Numakura K,Tsuruta H,Kagaya H,Maeno A,Saito M,Narita S,Nioka T,Miura M,Sato S,Habuchi T:Contribution of genetic polymorphism related to axitinib pharmacokinetics to the clinical safety and efficacy in patients with advanced renal cell carcinoma. American Urological Association 2017 Annual Meeting,Boston;May 2017

8) Inokuchi J,Kuroiwa K,Kakehi Y,Sugimoto M,Tanikawa T,Fujimoto H,Gotoh M,Masumori N,Ogawa O,Eto M,Ohyama C,Yamaguchi A,Matsuyama H,Ichikawa T,Asano T,Takenaka A,Fujimoto K,Yamaguchi R,Habuchi T,Hashine K,Arai Y,Tsuchiya N,Nishiyama H,Shinohara N,Niwakawa M,Egawa S,Ozono S,Kamba T,Ishizuka O,Nishimura K,Tochigi T,Sugimura Y,Mizusawa J,Miyamoto K,Naito S:Distribution of lymph node metastasis in upper urinary tract urothelial cancer, sub-analysis of JCOG1110A study.American Urological Association 2017 Annual Meeting,Boston;May 2017 B

9) Narita T,Hatakeyama S,Yoneyama T,Narita S,Yamashita S,Mitsuzuka K,Sakurai T,Kawamura S,Tochigi T,Takahashi I,Nakaji S,Tobisawa Y,Yamamoto H,Koie T,Tsuchiya N,Habuchi T,Arai Y,Ohyama C:Clinical implication of serum N-glycan profiling as a diagnostic and prognostic biomarker in germ-cell tumors.American Urological Association 2017 Annual Meeting,Boston;May 2017

10) Naito S,Kato T,Ichiyanagi O,Narisawa T,Ito S,Suenaga S,Fukuhara H,Yamagishi
A,Yagi M,Kurota Y,Sakurai T,Nishida H,Kawazoe H,Abe A,Yamanobe T,Tsuchiya
N:The effect of fourth-line systemic therapy in metastatic renal cell carcinoma.33rd
Annual EAU Congress,Copenhagen;March 2018

国内の学会

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) 加藤智幸:Update企画18シンポジウム 転移性腎細胞癌の新たな治療戦略.転移臓器別に最適な治療戦略を考える.第105回日本泌尿器科学会総会,鹿児島;2017年4月

2) 土谷順彦:がんの新しい手術療法(ロボット手術).第14回日本癌治療学会アップデート教育コース,仙台;2017年7月

3) 八木真由,一柳統,阿部明彦,長岡明,土谷順彦:排尿機能とG8スクリーニング.第24回日本排尿機能学会,東京;2017年9月

一般演題

1) 西田隼人,山岸敦史,黒川真行,末永信太,堀江繁光,菅野秀典,黒田悠太,八木真由,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,土谷順彦:透析導入前に紹介となるも先行的腎移植に至らなかった症例の検討.第50回日本臨床腎移植学会,神戸;2017年2月

2) 山岸敦史,西田隼人,黒川真行,末永信太,堀江繁光,八木真由,菅野秀典,黒田悠太,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,土谷順彦:看護学生における腎臓移植医療の認知度に関する調査.第50回日本臨床腎移植学会,神戸;2017年2月

3) 福原宏樹,柿崎弘,金子尚嗣,山辺拓也,舟生勇人,赤坂雅弘,黒川真行,山岸敦史,西田隼人,土谷順彦:当院初の心停止後腎提供の経験.第50回日本臨床腎移植学会,神戸;2017年2月

4) 伊藤裕美,一柳統,内藤整,菅野秀典,黒田悠太,山岸敦史,ビリームウラジミル,冨田善彦,加藤智幸,長岡明,土谷順彦:腎細胞癌においてGSK-3/4EBP1経路はmTORC1阻害剤耐性の要因である.第26回泌尿器科分子・細胞研究会,大分;2017年3月

5) 菅野秀典,伊藤裕美,末永信太,堀江繁光,黒田悠太,八木真由,山岸敦史,櫻井俊彦,内藤整,西田隼人,川添久,柴崎智宏,一柳統,加藤智幸,長岡明,土谷順彦:淡明腎細胞癌におけるERK5阻害の影響.第26回泌尿器科分子・細胞研究会,大分;2017年3月

6) 内藤整,一柳統,伊藤裕美,菅野秀典,八木真由,櫻井俊彦,西田隼人,加藤智幸,長岡明,土谷順彦:腎癌全身治療のライン数と無増悪生存期間の検討.第105回日本泌尿器科学会総会,鹿児島;2017年4月

7) 菅野秀典,伊藤裕美,黒田悠太,八木真由,山岸敦史,櫻井俊彦,内藤整,西田隼人,川添久,柴崎智宏,一柳統,加藤智幸,長岡明,土谷順彦:免疫染色による転移性腎癌のpredictive
biomarkerの探索.第105回日本泌尿器科学会総会,鹿児島;2017年4月

8) 福原宏樹,一柳統,柿崎弘,金子尚嗣,山辺拓也,牛島正毅,窪木祐弥,土谷順彦:尿管結石診断における季節変動の影響.第105回日本泌尿器科学会総会,鹿児島;2017年4月

9) 末永信太,川添久,山岸敦史,黒田悠太,菅野秀典,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,柴崎智宏,一柳統,加藤智幸,長岡明,土谷順彦:当院での腎盂・尿管癌の診断における逆行性尿路造影、尿管鏡の有用性についての検討.第105回日本泌尿器科学会総会,鹿児島;2017年4月

10) 石井達矢,菊田雅斗,髙井優季,鈴木仁:山形市立病院済生館におけるfTULの治療成績の検討.第105回日本泌尿器科学会総会,鹿児島;2017年4月

11) 川村裕子,小玉寛健,一柳統,土谷順彦:みやぎ県南中核病院における高齢者に対するTULの検討.第105回日本泌尿器科学会総会,鹿児島;2017年4月

12) 小澤迪喜,一柳統,黒本暁人,諸角謙人,佐藤真彦,沼畑健司,長浦主税,山辺拓也,石井達矢,鈴木仁,長岡明,土谷順彦:山形県における気腫性腎盂腎炎の臨床的検討.第105回日本泌尿器学会総会,鹿児島;2017年4月

13) 小澤迪喜,黒本暁人,諸角謙人,佐藤真彦,沼畑健司,堀江繁光,髙井諭,橋本透,柿崎弘,土谷順彦:山形県における後腹膜軟部肉腫の臨床的検討.第105回日本泌尿器学会総会,鹿児島;2017年4月

14) 髙井優季,櫻井俊彦,末永信太,髙井諭,福原宏樹,小澤迪喜,鈴木仁,槻木真明,柿崎弘,沼畑健司,土谷順彦:山形県におけるエンザルタミドの治療成績.第105回日本泌尿器科学会総会,鹿児島;2017年4月

15) 堀江繁光,櫻井俊彦,黒川真行,末永信太,菅野秀典,黒田悠太,八木真由,山岸敦史,内藤整,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,小澤迪喜,福原宏樹,槻木真明,土谷順彦:山形大学および関連施設におけるカバジタキセルの初期使用経験.第105回日本泌尿器科学会総会,鹿児島;2017年4月

16) 黒川真行,内藤整,一柳統,山岸敦史,八木真由,黒田悠太,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,加藤智幸,長岡明,土谷順彦:腎細胞癌分子標的薬投与患者におけるCRP、NLRを含めた予後予測因子の検討.第105回日本泌尿器科学会総会,鹿児島;2017年4月

17) 藤田英,内藤整,一柳統,堀江繁光,菅野秀典,山岸敦史,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,加藤智幸,長岡明,土谷順彦:Sepsis-3に基づいたurosepsisの臨床的検討.第105回日本泌尿器科学会総会,鹿児島;2017年4月

18) 西田隼人,山岸敦史,牛島正毅,黒田悠太,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:膀胱鏡による腹腔内観察下腹膜透析用カテーテル留置術の有用性.第62回日本透析医学会学術集会・総会,横浜;2017年6月

19) 加藤智幸,武田裕司,伊藤裕美,黒田悠太,八木真由,櫻井俊彦,内藤整,川添久,一柳統,土谷順彦,浅尾裕信:転移性腎癌患者末梢血におけるMDSC誘導の指標としてのGP-80発現パターンは新たなMDSC指標探索の基準となる.第76回日本癌学会学術総会,横浜;2017年9月

20) Naito S,Ito H,Ichiyanagi O,Kanno H,Narisawa T,Yagi M,Kurota Y,Kawazoe
H,Kato T,Tsuchiya N:Gene expression in rapmaycin resistant RCC cell line.第76回日本癌学会学術総会,横浜;2017年9月月

21) Kanno H,Naito S,Ito H,Ichiyanagi O,Narisawa T,Yagi M,Sakurai T,Kawazoe
H,Yamanobe T,Nagaoka A,Kato T,Tsuchiya N:The Effect of ERK5 Inhibition
in Clear Cell Renal Cell Carcinoma.第76回日本癌学会学術総会,横浜;2017年9月

22) 成澤貴史,櫻井俊彦,内藤整,伊藤裕美,菅野秀典,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:腎細胞癌におけるFGFR4の意義についての検討.第76回日本癌学会学術総会,横浜;2017年9月

23) 一柳統,内藤整,八木真由,阿部明彦,長岡明,石郷岡学,槻木真明,川添久,加藤智幸,土谷順彦:尿道電気刺激知覚閾値と尿流量測定結果の関係について.第24回日本排尿機能学会,東京;2017年9月

24) 西田隼人,山岸敦史,福原宏樹,櫻井俊彦,内藤整,川添久,山辺拓也,阿部明彦,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:免疫クロマト法アデノウイルス迅速検査キットによるアデノウイルス膀胱炎早期診断の試み.第53回日本移植学会総会,旭川;2017年9月

25) 山岸敦史,西田隼人,福原宏樹,成澤貴史,八木真由,菅野秀典,櫻井俊彦,内藤整,阿部明彦,川添久,山辺拓也,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:タクロリムス血中濃度と移植腎病理所見との関連性についての検討.第53回日本移植学会総会,旭川;2017年9月

26) 福原宏樹,西田隼人,山岸敦史,今田恒夫,市川一誠,土谷順彦:生体腎移植後に生物学的製剤を中止するも寛解維持が得られた関節リウマチの1例.第53回日本移植学会総会,旭川;2017年9月

27) 成澤貴史,伊藤英,菊田雅人,櫻井俊彦,内藤整,山辺拓也,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:腎癌の脳転移症例についての検討.第82回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2017年9月

28) 伊藤英,内藤整,福原宏樹,成澤貴史,菅野秀典,八木真由,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,阿部明彦,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:山形大学における腎細胞癌に対するNivolumabの初期使用経験.第82回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2017年9月

29) 加藤智幸,武田裕司,伊藤裕美,黒田悠太,奈良英利,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,荒木明美,一柳統,浅尾裕信,土谷順彦:転移性腎細胞癌患者における末梢血中GPI-80発現は予後因子となりうる.第55回日本癌治療学会学術集会,横浜;2017年10月

30) 山辺拓也,菊田雅斗,成澤貴史,八木真由,菅野秀典,山岸敦史,櫻井俊彦,内藤整,西田隼人,川添久,阿部明彦,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:腎癌分子標的薬4次治療以上行った症例のPFSとOS.
第55回日本癌治療学会学術集会,横浜;2017年10月

31) 髙井優季,櫻井俊彦,伊藤英,末永信太,福原宏樹,堀江繁光,髙井諭,小澤迪喜,黒川真行,沼畑健司,鈴木仁,槻木真明,柿崎弘,土谷順彦:山形県におけるエンザルタミド投与症例の臨床的検討.第55回日本癌治療学会学術集会,横浜;2017年10月月

32) 成澤貴史,内藤整,加藤智幸,伊藤英,福原宏樹,櫻井俊彦,川添久,山辺拓也,一柳統,土谷順彦:腎癌脳転移の予後についての検討.日本泌尿器腫瘍学会第3回学術集会,東京;2017年10月

33) 伊藤英,山辺拓也,福原宏樹,八木真由,西田隼人,川添久,阿部明彦,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:山形大学における精巣腫瘍に対する後腹膜リンパ節郭清に関する検討.日本泌尿器腫瘍学会第3回学術集会,東京;2017年10月

34) 加藤智幸,八木真由,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,阿部明彦,山辺拓也,一柳統,土谷順彦:山形大学における高リスク群に対するロボット支援下前立腺摘除術の治療成績.第31回日本泌尿器内視鏡学会総会,徳島;2017年11月

35) 川添久,川口寛介,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,山辺拓也,一柳統,加藤智幸,佐藤和佳子,土谷順彦:ロボット支援前立腺摘除術における術後QOLの検討.
第31回日本泌尿器内視鏡学会総会,徳島;2017年11月

36) 櫻井俊彦,成澤貴史,八木真由,西田隼人,内藤整,川添久,阿部明彦,山辺拓也,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:山形大学におけるThiel法で固定した献体を用いた単孔式腹腔鏡下副腎摘除術のトレーニング経験.第31回日本泌尿器内視鏡学会総会,徳島;2017年11月

37) 福原宏樹,加藤智幸,一柳統,阿部明彦,山辺拓也,川添久,西田隼人,内藤整,櫻井俊彦,土谷順彦:ロボット支援下腎部分切除術と腹腔鏡下腎部分切除術の治療成績の比較検討.第31回日本泌尿器内視鏡外科学会総会,徳島;2017年11月

38) 川添久,川口寛介,伊藤英,福原宏樹,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,加藤智幸,佐藤和佳子,土谷順彦:前立腺全摘除術における術後QOLに関する検討―術後1年間の推移―.第30回日本内視鏡外科学会総会,京都;2017年12月

39) 内藤整,福原宏樹,菊田雅斗,伊藤英,成澤貴史,山岸敦史,八木真由,黒田悠太,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,阿部明彦,山辺拓也,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:山形大学におけるRAPNの初期経験.第30回日本内視鏡外科学会総会.京都;2017年12月

40) 櫻井俊彦,伊藤英,福原宏樹,西田隼人,内藤整,川添久,加藤智幸,土谷順彦:山形大学におけるThiel法で固定した献体を用いた腹腔鏡手術トレーニングの経験.第30回日本内視鏡外科学会総会,京都;2017年12月

41) 西田隼人,山岸敦史,福原宏樹,櫻井俊彦,内藤整,川添久,阿部明彦,山辺拓也,一柳統,加藤智幸,城謙輔,土谷順彦:定期血中BKウイルス測定を行わないBKウイルス腎症対策の効果.第51回日本臨床腎移植学会,神戸;2018年2月

42) 山岸敦史,西田隼人,福原宏樹,八木真由,菅野秀典,櫻井俊彦,内藤整,阿部明彦,川添久,山辺拓也,一柳統,加藤智幸,土谷順彦,城謙輔:移植腎におけるDPP-4発現とその意義.第51回日本臨床腎移植学会,神戸;2018年2月

43) 福原宏樹,西田隼人,山岸敦史,伊藤英,八木真由,阿部明彦,川添久,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:献腎移植加療中に晩期サイトメガロウイルス性肺炎を発症した1例.第51回日本臨床腎移植学会,神戸;2018年2月

Copyright© 2009-2022 Yamagata University Faculty of Medicine.