old01 2018年度 | 山形大学医学部附属病院泌尿器科 腎泌尿器外科講座

山形大学医学部 腎泌尿器外科学講座
Department of Urology,
Yamagata University Faculty of Medicine

研究実績

著書

1)>Tsuchiya N:Genetic polymorphism analysis in predicting prognosis of advanced prostate cancer.Arai Y,Ogawa O,Hormone Therapy and Castration Resistance of Prostate Cancer.Singapore;Springer Singapore,2018:175-187

2)>土谷順彦,羽渕友則:拡大リンパ節郭清.荒井陽一,髙橋悟,山本新吾,土谷順彦,Urologic Surgery Next ロボット支援手術.東京;メジカルビュー社,2018:154-162

3)>加藤智幸,土谷順彦:経腹膜到達法による腎摘除術.荒井陽一編,Urologic Surgery Next 1 腹腔鏡手術.東京;メジカルビュー社,2018:12-2

総説

1) Tsuchiya N:Molecular-targeted therapy in advanced renal cell carcinoma based on pharmacokinetics,pharmacodynamics and pharmacogenetics:A proposed strategy.Int J Urol.2019;26(1):48-56

2) 加藤智幸:泌尿器科のスペシャリストを目指す人のための医師とナースの合同カンファレンス(第17回)転移性腎がん症例の薬剤選択と有害事象対策の巻.Uro-Lo:泌尿器Care & Cure.2018;23(5):625-634

3) 成田伸太郎,土谷順彦,羽渕友則:【前立腺癌のバイオマーカー】遺伝子多型を用いた進行前立腺癌の予後・治療反応予測.Prostate Journal.2018;5(1):41-47

4) 山辺拓也,土谷順彦:【疾患・病態を理解する-尿沈渣レファレンスブック】泌尿器疾患-疾患と尿沈渣成分 尿路・性器感染症 膀胱炎.臨床検査.2018;62(4):497-499

5)山辺拓也,土谷順彦:【疾患・病態を理解する-尿沈渣レファレンスブック】泌尿器疾患-疾患と尿沈渣成分 尿路・性器感染症 放射線性膀胱炎.臨床検査.2018;62(4):500-50

6) 西田隼人,土谷順彦:【腹膜透析患者のキュア&ケアのレベルアップ】 PDカテーテルの埋没術.臨床透析.2018;34(13):1529-1534

原著

1) Sato H,Narita S,Tsuchiya N,Koizumi A,Nara T,Kanda S,Numakura K,Tsuruta
H,Maeno A,Saito M,Inoue T,Satoh S,Nomura K,Habuchi T:Impact of early changes
in serum biomarkers following androgen deprivation therapy on clinical
outcomes in metastatic hormone-sensitive prostate cancer.BMC urology.2018;18(1):32
B

2) Igarashi R,Inoue T,Fujiyama N,Tsuchiya N,Numakura K,Kagaya H,Saito M,Narita
S,Satoh S,Niioka T,Miura M,Habuchi T:Contribution of UGT1A1 genetic polymorphisms
related to axitinib pharmacokinetics to safety and efficacy in patients
with renal cell carcinoma.Med Oncol.2018;35(4):51 E

3) Ichiyanagi O,Naito S,Ito H,Kabasawa T,Narisawa T,Kanno H,Kurota Y,Kurokawa
M,Fukuhara H,Sakurai T,Nishida H,Kato T,Yamakawa M,Tsuchiya N:Levels of
4EBP1/eIF4E Activation in Renal Cell Carcinoma Could Differentially Predict
Its Early and Late Recurrence.Clin Genitourin Cancer.2018;16(5):1029-1058

4) Numakura K,Fujiyama N,Takahashi M,Igarashi R,Tsuruta H,Maeno A,Huang M,Saito
M,Narita S,Inoue T,Satoh S,Tsuchiya N,Niioka T,Miura M,Habuchi T:Clinical
implications of pharmacokinetics of sunitinib malate and N-desethyl-sunitinib
plasma concentrations for treatment outcome in metastatic renal cell carcinoma
patients.Oncotarget.2018;9(38):25277-25284 E

5) Okubo T,Mitsuzuka K,Koie T,Hoshi S,Matsuo S,Saito S,Tsuchiya N,Habuchi
T,Ohyama C,Arai Y:Impact of early changes in serum biomarkers following
androgen deprivation therapy on clinical outcomes in metastatic hormone-sensitive
prostate cancer.Jpn J Clin Oncol.2018;48(6):570-575 B

6) Koizumi A,Narita S,Nara T,Takayama K,Kanda S,Numakura K,Tsuruta H,Maeno
A,Huang M,Saito M,Inoue T,Tsuchiya N,Satoh S,Nanjo H,Habuchi T:Incidence
and location of positive surgical margin among open,laparoscopic and robot-assisted
radical prostatectomy in prostate cancer patients:a single institutional
analysis.Jpn J Clin Oncol.2018;48(8):765-770 E

7) Yamamoto H,Koie T,Ookubo T,Mitsuzuka K,Narita S,Inoue T,Kawamura S,Kato
T,Tochigi T,Tsuchiya N,Habuchi T,Arai Y,Ohyama C:Can single positive core
prostate cancer at biopsy be considered a low-risk disease?. Int Urol Nephrol.2018;50(10):1829-1833
B

8) Makhov P,Naito S,Haifler M,Kutikov A,Boumber Y,Uzzo RG,Kolenko VM:The convergent
roles of NF-kB and ER stress in sunitinib-mediated expression of pro-tumorigenic
cytokines and refractory phenotype in renal cell carcionoma.Cell Death
Dis.2018;9(3):374 E

9) Takeda Y,Kato T,Nemoto N,Araki A,Gazi MY,Nara H,Asao H:Augmentation of
the expression of the eotaxin receptor on duodenal neutrophils by IL-21.Cytokine.2018;110:194-203

10) Takeda Y,Kato T,Nemoto N,Araki A,Gazi MY,Nara H,Asao H: Systemic neutrophil
migration and rapid consumption of neutrophils in the spleen.Data Brief.2018;20:680-682

11) Narita S,Nara T,Kanda S,Numakura K,Saito M,Inoue T,Satoh S,Nanjo H,Tsuchiya
N,Mitsuzuka K,Koie T,Kawamura S,Ohyama C,Tochigi T,Arai Y,Habuchi T:Radical
Prostatectomy With and Without Neoadjuvant Chemohormonal Pretreatment for
High-Risk Localized Prostate Cancer:A Comparative Propensity Score Matched
Analysis.Clin Genitourin Cancer.2019;17(1):113-122 B

12) Ichiyanagi O,Fukuhara H,Kurokawa M,Izumi T,Suzuki H,Naito S,Nishida H,Kato
T,Tsuchiya N:Reinforcement of the Triple D score with simple addition of
the intrarenal location for the prediction of the stone-free rate after
shockwave lithotripsy for renal stones 10-20 mm in diameter.Int Urol Nephrol.2019;51
(2):239-245

13) Terada N,Kamoto T,Tsukino H,Mukai S,Akamatsu S,Inoue T,Ogawa O,Narita S,Habuchi
T,Yamashita S,Mitsuzuka K,Arai Y,Kandori S,Kojima T,Nishiyama H,Kawamura
Y,Shimizu Y,Terachi T,Sugi M,Kinoshita H,Matsuda T,Yamada Y,Yamamoto S,Hirama
H,Sugimoto M,Kakehi Y,Sakurai T,Tsuchiya N:The efficacy and toxicity of
cabazitaxel for treatment of docetaxel-resistant prostate cancer correlating
with the initial doses in Japanese patients.BMC Cancer.2019;19:156 B

14) 吉岡淳,石山智之,斎藤大樹,長澤智一,松田智美,保科政美,土谷順彦:通信機器およびスマートデバイスを用いた人工呼吸器遠隔監視システムの開発と検証試験.医療機器学.2018;88(4):449-457

国際学会

一般演題

1) Tsuchiya N,Takai Y,Naito S,Fukuhara H,Kanno H,Sakurai T,Nishida H,Kawazoe H,Yamanobe T,Kato T:Change in body composition following systemic chemotherapy in patients with testicular germ cell tumor.Asan-Michinoku Urologic Symposium,Seoul;September 2018

2) Naito S,Kanno H:ERK5 in ccRCC.Asan-Michinoku Urologic Symposium,Seoul;September 2018

3) Kato T,Takeda Y,Kurota Y,Naito S,Ito H,Araki A,Asao H,Tsuchiya N:The prognostic
value of glycosylphosphatidylinositol-anchored 80 kD protein (GPI-80) positive
myeloid derived suppressor cells (MDSCs) in peripheral blood of metastatic
renal cell carcinoma (mRCC) patients.Genitourinary Cancers Symposium,SanFrancisco;February
2019

4) Takai Y,Tsuchiya N,Naito S,Fukuhara H,Kanno H,Sakurai T,Nishida H,Kawazoe H,Yamanobe T,Kato T:Change in body composition following systemic chemotherapy in patients with testicular germ cell tumor.the 34th Annual EAU Congress,Barcelona;March 2019

5) Ichiyanagi O,Nishimoto K,Nagaoka A,Naito S,Yagi M,Ushijima M,Kajinuma A,Kato
T,Tsuchiya N:Possible roles of urethral C-fiver afferents in storage/voiding
dysfunction in female patients.the 34th Annual EAU Congress,Barcelona;March
2019

6) Kodama H,Hatakeyama S,Takahashi M,Narita S,Sakurai T,Kawamura S,Hoshi S,Ishida
M,Kawaguchi T,Ishidoya S,Shimoda J,Sato H,Mitsuzuka K,Tochigi T,Tsuchiya
N,Arai Y,Habuchi T,Ohyama C:External validation of the CHAARTED and LATITUDE
criteria in patients with hormone-naive metastatic prostate cancer:A multi-institutional
study in Japan.the 34th Annual EAU Congress,Barcelona;March 2019 B

国内の学会

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) 内藤整:高齢化社会における超高齢者泌尿器疾患をどう治療していくか?.第106回日本泌尿器科学会総会,京都;2018年4月

2) 土谷順彦:シンポジウムIOによって尿路上皮癌治療がどう変わるか?尿路上皮癌に対するシーケンシャル療法.第16回日本臨床腫瘍学会学術集会,神戸;2018年7月

3) 内藤整:上部尿路上皮がんに対するリンパ節郭清の合併症.第83回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2018年10月

4) 土谷順彦:ビデオワークショップ~エキスパートのResilience を学ぶ~右経腹膜アプローチ.第32回日本泌尿器内視鏡学会,仙台;2018年11月

5) 櫻井俊彦,土谷順彦:高難度の腹腔鏡下副腎摘除と後腹膜腫瘍摘除~困難例の克服とResilience~.第32回日本泌尿器内視鏡学会,仙台;2018年11月

一般演題

1) 加藤智幸,武田裕司,伊藤裕美,黒田悠太,奈良英利,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,荒木明美,一柳統,土谷順彦:転移性腎細胞癌患者予後因子としての末梢血中GPI-80発現.第106回日本泌尿器科学会総会,京都;2018年4月

2) 一柳統,福原宏樹,石井達矢,黒川真行,和泉卓司,阿部明彦,鈴木仁,柿崎弘,加藤智幸,土谷順彦:径10-15mmの腎結石に対する対外衝撃破結石破砕術の治療成績予測に関するTriple
D scoreの有用性. 第106回日本泌尿器科学会総会, 京都;2018年4月

3) 山辺拓也,伊藤英,黒田悠太,八木真由,山岸敦史,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,阿部明彦,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:非胚細胞性陰嚢内腫瘍の検討.第106回日本泌尿器科学会総会,
京都;2018年4月

4) 阿部明彦,八木真由,一柳統,長岡明,伊藤英,福原宏樹,西田隼人,川添久,加藤智幸,土谷順彦:当院におけるTVM治療の検討.第106回日本泌尿器科学会総会,
京都;2018年4月

5) 川添久,川口寛介,藤田英,窪木祐弥,髙井優季,牛島正毅,福原宏樹,小澤迪喜,黒田悠太,八木真由,菅野秀典,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,山辺拓也,加藤智幸,佐藤和佳子,土谷順彦:山形大学における開腹前立腺全摘術とロボット支援前立腺全摘除術の一年間の健康関連QOLの比較.第106回日本泌尿器科学会総会,
京都;2018年4月

6) 八木真由,伊藤英,福原宏樹,末永信太,山岸敦史,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,阿部明彦,山辺拓也,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:初診時における排尿症状の季節差.第106回日本泌尿器科学会総会,
京都;2018年4月

7) 小澤迪喜,髙井諭,久保田洋子,槻木真明:PI-RADSversion2を用いた前立腺生検前MRI診断の有用性についての検討.第106回日本泌尿器科学会総会,
京都;2018年4月

8)福原宏樹,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,阿部明彦,山辺拓也,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:根治的膀胱全摘術における手術感染部位(surgical
site infection:SSI)発症の危険因子に関する検討.第106回日本泌尿器科学会総会, 京都;2018年4月

9) 山岸敦史,成澤貴史,八木真由,菅野秀典,櫻井俊彦,内藤整,西田隼人,阿部明彦,川添久,山辺拓也,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:当院における膀胱癌に対する膀胱全摘術についての検討.第106回日本泌尿器科学会総会,
京都;2018年4月

10) 髙井優季,黒本暁人,勝又有記,諸角謙人,星宣次,沼畑健司:転移性前立腺癌の治療・予後に関する検討.第106回日本泌尿器科学会総会,京都;2018年4月

11) 末永信太,内藤整,伊藤英,山岸敦史,八木真由,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,阿部明彦,山辺拓也,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:山形大学における腎癌全身治療逐次療法の検討.第106回日本泌尿器科学会総会,
京都;2018年4月

12) 伊藤英,内藤整,福原宏樹,成澤貴史,櫻井俊彦,西田隼人,阿部明彦,川添久,山辺拓也,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:全摘標本から見た前立腺願意対するマルチパラメトリックMRIの有用性の検討.第106回日本泌尿器科学会総会,
京都;2018年4月

13) 阿部明彦,西田隼人,土谷順彦,石田俊哉,小峰直樹,三浦喜子,小林瑞貴:当院における透析患者の骨粗鬆症治療経験.第63回日本透析医学会学術集会・総会,神戸;2018年6月

14) 八木真由,伊藤英,福原宏樹,西田隼人,阿部明彦,川添久,加藤智幸,土谷順彦:出産を契機に結石を伴った傍尿道嚢胞を認めた1例.第20回日本女性骨盤底医学会,東京;2018年7月

15) 一柳統,西本憲一,梶沼陽,長岡明,八木真由,土谷順彦:女性患者における尿道損失係数と尿道C線維に対する電気刺激知覚最小閾値との関係性.第25回日本排尿機能学会,名古屋;2018年9月

16) 加藤智幸,武田裕司,黒田悠太,伊藤裕美,成澤貴史,菅野秀典,八木真由,櫻井俊彦,内藤整,川添久,山辺拓也,浅尾裕信,土谷順彦:転移性腎細胞癌患者の末梢血におけるGPI-80発現の臨床的意義.第77回日本癌学会学術総会,大阪;2018年9月

17) 一柳統,伊藤裕美,内藤整,成澤貴史,黒田悠太,菅野秀典,八木真由,櫻井俊彦,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦:mTORC1下流シグナル活性化は非転移性淡明細胞型腎細胞癌の根治術後再発の予測因子になりうる.第77回日本癌学会学術総会,大阪;2018年9月

18) 内藤整,菅野秀典,伊藤裕美,加藤智幸,一柳統,成澤貴史,八木真由,牛島正毅,小澤迪喜,黒田悠太,櫻井俊彦,土谷順彦:細胞核でのERK5発現は腎癌において予後不良因子である.第77回日本癌学会学術総会,
大阪;2018年9月

19) 八木真由,内藤整,伊藤裕美,成澤貴史,黒田悠太,菅野秀典,牛島正毅,小澤迪喜,加藤智幸,土谷順彦:腎細胞癌細胞株へのLDL添加による遺伝子発現プロファイリングの変動.第77回日本癌学会学術総会, 大阪;2018年9月

20) 成澤貴史,内藤整,伊藤裕美,牛島正毅,小澤迪喜,八木真由,菅野秀典,黒田悠太,櫻井俊彦,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:淡明型腎細胞癌におけるFGFR4の機能解析と治療標的としての可能性について.第77回日本癌学会学術総会,大阪;2018年9月

21) 牛島正毅,一柳統,伊藤裕美,内藤整,成澤貴史,八木真由,黒田悠太,菅野秀典,櫻井俊彦,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦:腎細胞癌におけるアドレナリンβ受容体とカテコールアミン刺激の役割.第77回日本癌学会学術総会,
大阪;2018年9月

22) 小澤迪喜,内藤整,伊藤裕美,牛島正毅,成澤貴史,菅野秀典,黒田悠太,八木真由,加藤智幸,土谷順彦:ラパマイシン耐性腎癌におけるAnkrd1の発現と治療標的の可能性の検討.第77回日本癌学会学術総会, 大阪;2018年9月

23) 武田裕司,加藤智幸,黒田悠太,伊藤裕美,土谷順彦,浅尾裕信:非筋層浸潤膀胱がん治療のためのBCG膀胱内注入療法時の尿中白血球の解析.第77回日本癌学会学術総会,大阪;2018年9月

24) 金子紗也香,伊藤裕美,内藤整,成澤貴史,黒田悠太,菅野秀典,八木真由,牛島正毅,小澤迪喜,一柳統,加藤智幸,土谷順彦:腎細胞癌におけるGSK-3による4EBP1/elF4E及びMNK1/elF4Eを介した蛋白質翻訳と細胞増殖制御機構の解析.第77回日本癌学会学術総会,
大阪;2018年9月

25) 藤田英,内藤整,豊口裕樹,窪木祐弥,髙井優季,福原宏樹,小澤迪喜,八木真由,菅野秀典,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦:造影剤アレルギーのため治療効果判定にwhole
body MRIを用いた腎細胞癌の一例.第6回泌尿器画像診断・治療技術研究会,京都;2018年9月

26) 加藤智幸,武田裕司,黒田悠太,伊藤裕美,内藤整,荒木明美,浅尾裕信,土谷順彦:転移性腎細胞癌患者末梢血中GPI-80発現パターンの臨床的意義.日本泌尿器腫瘍学会第4回学術総会,横浜;2018年10月

27) 窪木祐弥,内藤整,藤田英,髙井優季,福原宏樹,小澤迪喜,牛島正毅,成澤貴史,菅野秀典,黒田悠太,八木真由,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦,一柳統:山形大学における転移性腎癌に対する三次治療成績.日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会,横浜;2018年10月

28) 藤田英,内藤整,豊口裕樹,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦:腎細胞癌に対するWhole Body MRI(WB-MRI/DWIBS)の初期経験.日本泌尿器腫瘍学会第4回学術総会,横浜;2018年10月

29) Naito S,Kato T,Ichiyanagi O,Kanno H,Narisawa T,Yagi M,Ushijima M,Ozawa
M,Fukuhara H,Kurota Y,Sakurai T,Nishida H,Kawazoe H,Yamanobe T,Tsuchiya
N:Low dose cytokine therapy in mRCC in the targeted drug era.第56回日本癌治療学会学術集会,横浜;2018年10月

30) 西田隼人,福原宏樹,山岸敦史,菅野秀典,黒田悠太,八木真由,櫻井俊彦,内藤整,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦:Thiel法で固定した検体を用いた献腎摘出トレーニングの経験.第54回日本移植学会総会,東京;2018年10月

31) 山岸敦史,西田隼人,福原宏樹,成澤貴史,八木真由,菅野秀典,黒田悠太,櫻井俊彦,内藤整,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦,城謙輔:Focal
aggressive tubulointerstitial rejectionをきたした症例での短期予後の検討.第54回日本移植学会総会,東京;2018年10月

32) 福原宏樹,西田隼人,山岸敦史,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦:腎移植ドナーの術後腎機能予測におけるCT volumetryの有用性の検討.第54回日本移植学会総会,東京;2018年10月

33) 柴崎智宏,堀江繁光,山岸敦史,鈴木仁:尿路性器感染症における全身拡散強調画像(DWIBS法)の使用経験.第83回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2018年10月

34) 窪木祐弥,内藤整,福原宏樹,藤田英,髙井優季,小澤迪喜,牛島正毅,成澤貴史,菅野秀典,黒田悠太,八木真由,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦,菊田雅斗:精巣腫瘍に対する化学療法中に血栓症を発症した症例の検討.第83回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2018年10月

35) 藤田英,内藤整,豊口裕樹,小澤迪喜,福原宏樹,八木真由,菅野秀典,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦:泌尿器腫瘍に対するWhole
Body MRI(WB-MRI/DWIBS)の初期経験.第83回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2018年10月

36) 加藤智幸,藤田英,窪木祐弥,福原宏樹,髙井優季,成澤貴史,牛島正毅,小澤迪喜,八木真由,菅野秀典,黒田悠太,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,山辺拓也,土谷順彦;山形大学におけるロボット支援下腎部分切除術の初期治療成績.第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,仙台;2018年11月

37) 川添久,黒田悠太,八木真由,菅野秀典,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦:山形大学におけるロボット支援前立腺摘除術の術後QOLに関する検討.第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,仙台;2018年11月

38) 西田隼人,福原宏樹,山岸敦史,櫻井俊彦,内藤整,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦:Thiel法で固定した検体を用いたロボット支援下腎移植トレーニングの経験.第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,仙台;2018年11月

39) 櫻井俊彦,藤田英,窪木祐弥,髙井優季,小澤迪喜,牛島正毅,福原宏樹,八木真由,山岸敦史,菅野秀典,黒田悠太,西田隼人,内藤整,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦:ロボット支援前立腺全摘術における経直腸超音波ガイド下膀胱頸部離断の有用性の検討.第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,仙台;2018年11月

40) 小澤迪喜,髙井諭,久保田洋子,槻木真明:女性患者の尿管ステント交換手技の工夫―膀胱鏡を使わない交換手技についての検討―.第32回日本泌尿器内視鏡学会総会仙台,仙台;2018年11月

41) 福原宏樹,加藤智幸,山辺拓也,川添久,西田隼人,内藤整,櫻井俊彦,土谷順彦:ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術におけるマンニトールの有効性の検討.第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,仙台;2018年11月

42) 福原宏樹,加藤智幸,山辺拓也,川添久,西田隼人,内藤整,櫻井俊彦,土谷順彦:ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術における腎切除体積に影響を与える因子の検討.第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,仙台;2018年11月

43) 西田隼人,福原宏樹,窪木祐弥,八木真由,櫻井俊彦,内藤整,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦:術中術後に抗凝固薬を用いずに生体腎移植を施行したHITの1例.第52回日本臨床腎移植学会,大阪;2019年2月

44) 山岸敦史,西田隼人,福原宏樹,成澤貴史,八木真由,菅野秀典,黒田悠太,櫻井俊彦,内藤整,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦,城謙輔:移植腎生検でBanff
score t3i1を認めた症例の短期予後の検討.第52回日本臨床腎移植学会,大阪;2019年2月

45) 福原宏樹,西田隼人,山岸敦史,櫻井俊彦,内藤整,川添久,山辺拓也,加藤智幸,土谷順彦:提供腎と非提供腎の体積差はどこまで許容されるか.第52回日本臨床腎移植学会,大阪;2019年2月

Copyright© 2009-2022 Yamagata University Faculty of Medicine.